お客さま訪問

お客様をもっと知るために!

ホームページ制作の打ち合わせやその他企画の打ち合わせ等でお客様のところにお邪魔させていただくことはよくあります。
ですが、打ち合わせ等がないのに、お邪魔する事はこれまで、あまり多くはありませんでした。
理由は簡単、いつも忙しくバタバタしてるから!

せっかく、何かの縁でお仕事をさせていただく事ができたクライアント様なのに、その縁を生かしきれていないのではないか。
クライアント様の魅力を充分理解していないのではないか。
打ち合わせでは気づかなかった何かがあるのではないか。

最近そんな事を考えるようになりました。
そのような訳で、いきなりですが、時間の許す限り、家庭訪問ならぬ「お客さま訪問」をやっていこうと思います。
時間の許す限りというと時間はできそうにありませんので、諸先輩方の「時間はつくるもの!」という言葉を胸に時間作ります!

page top

第3回 京都府立農芸高等学校様にお邪魔しちゃいました

京都府立農芸高等学校様 京都府立農芸高等学校様 

[お客さま訪問] 第3回 : 京都府立農芸高等学校 さまへお邪魔しました。 (担当野田)
1月某日、京都府立農芸高等学校 さまへお邪魔しました!
今にも雪が降りそうな寒い中、校内の案内をしていただきました。
笑い話や苦労話を交えた説明は、とっても楽しくわかりやすく、仕事だということを忘れるほどでした。(さすが先生!)
では、早速ご紹介しましょう。

京都府立農芸高等学校は農産バイオ科と環境緑地科の二つに学科が分かれていて、農産バイオ科は2年生になると、作物類型・草花類型・野菜類型・植物バイオ類型・畜産類型・動物バイオ類型に分かれます。
環境緑地科は、造園系統・農業土木系統に分かれています。

学校名だけで「農業の事を勉強するんだろう」と単純に思っていましたが、 学科名を聞くと眉間にシワをよせて「いったい何をしてるんだ?!」って感じですね。
京都府立農芸高等学校様 京都府立農芸高等学校様 

まずは、農産バイオ科!
単純に作物を育てているだけではなく、土を使わずに水の上でトマトを育てたり(水耕栽培)、礫でトマトを育てたり(礫耕栽培)されています。
残念ながら、訪問時期が悪くトマトがなっているのを見ることは出来ませんでしたが・・・(涙)

温室には3000株ほどのシクラメンを栽培していて、その中の優良な株を取り出し、大きなシクラメンを栽培する技術を研究したりされています。植物バイオでは、希少品種の保存・繁殖や遺伝子組換えの技術の習得をされています。その研究室は「どっかの企業の研究所じゃないか?」っと思うほどでした。 (見たこと無いケド)

畜産・動物類型の方では、牛や鶏を実際にお世話して家畜環境から飼育・搾乳・糞尿の再利用まで一貫して指導し、すぐにでも働けるような実践的な授業内容。 朝、6時から牛のお世話を生徒さんがされてるそうです〜スゴクないですか?

こちらでも優良な牛から卵を取り出し、体外受精や受精卵移植の研究もされています。
白衣姿で真剣に研究されている様子は、高校生の授業とは思えないほど。 思わずタジタジしてしまいました(汗)。
京都府立農芸高等学校様 京都府立農芸高等学校様 
2年生造園系統が作庭する区画を整備する 3年農業土木系統

次は環境緑地科!
造園系統では、住宅庭園などを勉強されていて、実際に2年生・3年生が作られた庭を見せていただきました。
2年や3年勉強しただけでこんな凄い庭が造れるんだ〜とゆう代物。
農業土木とは、初めて聞いた名前でなんだろう?と思いました。先生のわかりやすい説明で納得。
農地の上に橋を作ったら農業土木!作物の運搬しやすいように道を農地に道を作ったら農業土木!だそうです。

校内の校舎やアスファルトなど以外、花壇であるとか地面のインターロッキングブロックなどは、ほとんど生徒さんが実習でされたモノ。プロがやったようですねっと言うと 「良く見ると壁が歪んでいたり、変な所に水が溜まったりするんですよ(笑)」との事。

丁度、案内してもらっている時に、壁を作ろうとしている生徒さんに出会いました。
作業服にヘルメット!思わず胸キュンです☆
京都府立農芸高等学校様 京都府立農芸高等学校様 

京都府立農芸高校のスゴイところ
私が、この学校で一番スゴイっと思うところは「男子1年生は絶対寮生活!」です。
ユースホステルのような二階建てベットの部屋で、4人1部屋1年間!
起床から就寝まで分単位で管理され、1日2回の点呼があって食事・入浴・勉強・清掃もみんな一緒!
その当人は大変だと思いますが、普通では中々経験できない事がたくさん経験できると思います。

何より良い思い出になると思う。
私も、かなり厳しい高校に通っていたのですが、2年生の時に厳しい学校+鬼ほど厳しい先生が担任になりました。
でも、その2年生が忘れられない一番の思い出になっていて、生まれ変わってもこの学校・この先生の生徒になりたいと思ってます。
実際に、「先生〜叱ってください〜〜」と卒業生が農芸高校に遊びに来るそうです(笑)

今回は京都府立農芸高等学校さんにお邪魔させていただきました。
ご案内くださった先生をはじめ、授業中の先生・生徒の皆さん授業の邪魔してスイマセンでした!
とても楽しく、いい経験をさせていただきました。

校内を案内していただいてる間、色んな所で生徒さんと出会いましたが、私のような胡散臭いおばちゃんにみんな挨拶してくれるのです。
写真撮影のお願いも、快く(それ以上?)協力してくださり、今時の高校生ってこんなだっけ?といい気持ちになりました。
きっと、先生方の愛あふれる厳しいご指導と、規律の厳しい寮生活の賜物ではないかと思います。
私の子供も、この学校に入って欲しいなぁと思いました。(まだ2歳 笑)

今回は、時期が悪く作物が見れなかったので、もう一度いい季節にお邪魔したいと思います!
農芸祭なんか楽しそうだなぁ〜☆

page top

〒622-0051 京都府南丹市園部町横田7-117 TEL/FAX 0771-62-2983